ニッパツ三ツ沢球技場

ニッパツ三ツ沢球技場の魅力

Jリーグ開幕時からのホームスタジアム

Jリーグ開幕時からのホームスタジアム

ニッパツ三ツ沢球技場は、Jリーグ開幕時からのホームスタジアム。
現在は日産スタジアムをメインスタジアムとして使用していますが年に数回公式戦を行なっています。

クラブヒストリー

球技専用スタジアムならではの臨場感

球技専用スタジアムならではの臨場感

約15,000人収容ながら球技専用スタジアムとして建造されたスタジアムはピッチから席までの距離が非常に近く選手の声まで聞こえるほど臨場感があふれ、いまなお評価の高いスタジアムです。

座席案内図

ニッパツ 三ツ沢球技場

施設概要

所在地

〒221-0855 横浜市神奈川区三ツ沢西町3-1

最寄駅

「横浜駅」西口よりバス「三ツ沢総合グラウンド入口」下車、徒歩2分
横浜市営地下鉄「三ツ沢上町」下車、徒歩15分

アクセス方法

管理者

横浜市・北部公園緑地事務所

収容人数

15,454人(車いす用観客席:30席)

フィールド

130m×74m(天然芝)

詳細はニッパツ三ツ沢球技場公式サイトへ

アクセス・スタジアムインフォメーション