Food Supporter

1月:山中 亮輔選手

レシピ

山中 亮輔選手へのインタンビュー

山中 亮輔選手

2017シーズン柏レイソルから移籍加入し、横浜F・マリノスのディフェンダーとして攻守に活躍を続ける山中亮輔選手。食事のアドバイスなど、自分にとってプラスになることは即、実践に移す熱い想いを秘めた選手の一人です。本人曰く、「食生活はあまり意識していない」とのことですが、トレーニングが終わった後には、必ず食堂でチームメートと会話をしながら時間をかけて食事をしている姿を見かけます。そんな山中選手の好きな食べ物は「ハンバーグ」と「オムライス」だそうです。
山中選手に限らず、一人暮らしをしている選手にとって、バランスのとれた朝食をとるのは難しいことです。そこで、今回は手軽に主食と主菜、副菜が揃う朝食メニューをご紹介しましょう。

山中 亮輔選手のプロフィールはこちら

ズバリ!今月のおすすめ食材

日本人が年間に消費する卵の量は世界でもトップクラス。その卵には、良質のたんぱく質やカルシウムの他、ビタミンC以外の栄養素がまんべんなく含まれています。忙しい朝などに、手軽に栄養価の高い食品を摂りたい時におすすめです。

目玉焼きトースト

1人分:エネルギー 376kcal / カルシウム 196mg

▼材料(1人分)

食パン(5枚切り)

1枚

1個

ミニトマト

3個

とろけるチーズ

20g(もしくはスライス1枚)

BOSCOエキストラバージンオリーブオイル

少々

塩、こしょう

少々

作り方
  1. 食パンの真ん中を押して少しへこませる。
  2. ミニトマトは半分に切りふちに並べ、その上にとろけるチーズをかける。
    (チーズは1枚のものは手でちぎる)
  3. 卵を真ん中に割り入れて、オーブントースターで4分焼く。
  4. アルミホイルをかけて卵を好みの固さまで焼く。
  5. BOSCOエキストラバージンオリーブオイル、塩、こしょうをかける。

メニューのポイント

スピーディに整えられる栄養バランスのとれた朝食。ミックスベジタブルやハムなど材料を変えて楽しむこともできます。固めの卵が好みの人は、卵を常温に10~15分程度置いてから調理すると、火が入りやすくなります。