ふれあい活動
Fureai Activity

Football For All Project

logo:Football For All Project

すべての人にフットボールを。~横浜F・マリノス Football For All Project~

横浜F・マリノスは、障がいのある方々が気軽にサッカーを楽しめる環境を目指し様々な活動を続けております。
2004年に創設したJリーグ初となる知的障がい者サッカーチーム「フトゥーロ(スペイン語で未来)」は、現在約80名の選手が在籍し、様々な大会に出場しています。
また、電動車椅子サッカー大会の開催など、障がいのある方々がサッカーを通じて仲間とふれあい、そして楽しむことで社会との繋がりを実感すると共に、地域社会の障がい者スポーツに対する理解や関心が深まることを目指しております。
これまでの活動をより充実させるとともに、障がい者サッカー7種への協力や、障がい者スポーツの普及に加え、障がいのある方々の社会参加を促進することを目的に、「横浜F・マリノス Football For All Project」を設立いたしました。

活動理念

  • サッカーを通じて、社会で活躍できるよう選手個人の自立性を高める。
  • サッカーを通じて、仲間の大切さ、競争力向上、夢を持つ。
  • 障がい者サッカーへの理解度、関心度の向上。

活動目標

  • 知的障がい者サッカーチーム「フトゥーロ」の選手増/強化遠征費補助
  • 日本代表選手輩出
  • 障がい者サッカー7種への協力、およびチーム運営/大会運営
  • 電動車椅子サッカー用車椅子購入

…など

横浜F・マリノス障がい者サッカーヘの取り組み

横浜F・マリノス フトゥーロ

横浜F・マリノス フトゥーロ

Jリーグ初の知的障がい者サッカーチームとして2004年に発足したフトゥーロは、スペイン語で“未来”を意味し、サッカーを誰もが身近に楽しめる環境の整備、障がいの有無を超えた活動を目指し活動を行っています。
楽しむ、技術を修得することだけではなく、サッカーを通じて時間を守る、挨拶をするなど基本的なルールを身につけ、ひとりひとりが成長できることもフトゥーロのもうひとつの目標です。

フトゥーロ選手名鑑はこちら

電動車椅子サッカー横浜大会

電動車椅子サッカー横浜大会

電動車椅子サッカー競技の普及や関係者及び他地域との交流、選手育成などを目的として2002年から横浜F・マリノスカップ電動車椅子サッカー大会を共催として開催してきました。
また、第14回大会からは主催として大会運営を行っています。
その他にも電動車椅子サッカーをより多くの皆さんに知って頂く為、ホームゲームでの体験会や図書館での展示コーナーを設置するなど、競技普及のサポートも行っています。


27歳選手の父親の声

健常者と一緒に楽しめるものは、本人にとってはサッカーだけです。サッカーなら自分を表現できます。だからこそ長く続けられるのだと思います。
そういう場があるからいきいきした生活ができると思います。

15歳選手の母親の声

仲間ができた事が成長に繋がっているようです。だれよりもサッカーがうまくなりたい。「俺もがんばれば出来るかも!」という秘めた想いを強く持てた事に、親としてうれしく感じています。

齋藤 学 キャプテンコメント

齋藤 学

サッカーを通じて、一人でも多くの方が社会で活躍できるよう我々も応援します。

MF 10 齋藤 学

中町 公祐 選手会長コメント

中町 公祐

皆さまからのご支援で、ホームタウンを元気に。一緒に盛り上げましょう。

MF 8 中町 公祐

横浜F・マリノスはCHALLENGED ATHLETE PROJECTにフレンドシップ企業として登録しています。

CHALEATH

FootBallForAllProjectに関するお問い合わせ・資料請求はこちらから

横浜マリノス株式会社 ホームタウン・ふれあい事業部

045-285-0674(9:00~18:00/不定休)

FAX:045-285-0688

メールの場合は、総合お問い合わせフォームよりお問い合わせください