試合速報

2018年8月19日 (日) 18:33

カシマ

AWAY

横浜FM

0

試合終了
0 - 0
0 - 1

1

HOME

鹿島

試合レポート試合トップ

前半戦レポート

 前節から中3日で迎える鹿島アントラーズとのアウェイゲーム。F・マリノスは先発を3人代え、DFに新外国籍プレーヤーのチアゴ マルチンス、FWに大津と伊藤。また新加入の畠中と久保がサブメンバーに入った。なおゲームキャプテンは扇原が務める。
 F・マリノスのキックオフで試合はスタート。F・マリノスは前節に続き最終ラインは3バックに。ポゼッションして左・山中、右・松原で起点をつくっての展開を狙う。5分には、サイドの幅を使ったつなぎから、この試合最初のCKをゲット。7分には相手のパスを大津が奪って左の山中へ。山中がゴール前の伊藤にクロスを入れたが、DFにクリアされた。
 15分を回ると鹿島が中盤での激しいボールへの寄せから前線へのタテパスを送るが、F・マリノスはしっかりしたマーキングなどで決定機を許さない。
 その後も両チームの堅いディフェンスがアタッキングサードでの形をつくらせず、なかなかシュートを打たせない流れが続く。43分のF・マリノスは、裏のスペースへ出たロングパスを松原が追いかけたが、ボールはゴールラインを割る。前半は両チーム合わせてシュートは3本と、ともにディフェンスが安定、0-0で折り返す。

後半戦レポート

 3分、鹿島にスルーパスを入れられたが、チアゴ マルチンスが走り込むアタッカーをしっかりとマークしてボールをキープ。4分はF・マリノス、1対1で競り勝ってボールを奪い、大津のパスを受けた山中がクロスを送る。
 しかしこの直後、鹿島CBがロングボールを入れる。このセカンドボールを遠藤が左足シュート。飯倉が反応してタッチしたが、強烈なシュートは飯倉の手を弾き、ボールはネットに吸い込まれた。
 追いかけるF・マリノスはすぐ反撃に移り、5分・両サイドからクロスを連発して鹿島ゴールに迫る。だが決定的な場面には結びつかない。12分には鹿島がクロスを送るが、ここはドゥシャンが足を伸ばしてゴールラインの外に蹴り出した。14分、F・マリノスベンチが動いて2枚代えを行い、ヴィエイラとイッペイ シノヅカが登場する。
 25分、右からヴィエイラが持ち込んで、こぼれたところを天野が右足シュート。28分にはヴィエイラがゴール前でボールを受けたが、厳しいマークにあってフィニッシュには至らず。35分にもヴィエイラは、天野のクロスをヘッドで合わせたが、ボールはクロスバーをこえた。そして41分、右からのFK。天野の鋭いライナーは右ポストを直撃して跳ね返った。
 アディショナルタイムは6分、必死に攻めるF・マリノス。50分・51分のCKには飯倉もゴール前に上がる。しかし、最後まで鹿島の堅陣は崩せずタイムアップ。F・マリノスは今季3度目の完封負けとなった。
この試合のコンテンツ一覧

関連情報

NEXT MATCH
天皇杯 4回戦

横浜F・マリノス

ベガルタ仙台

2018/08/22(水) 19:00

TV放送予定:スカパー!

NEXT MATCH
明治安田生命J1リーグ 第18節

HOME

横浜F・マリノス

AWAY

清水エスパルス

2018/08/29(水) 19:30

年間チケット先行入場 17:00 一般開門 17:30
日産スタジアム

TV放送予定:DAZN