試合速報

2018年4月18日 (水) 19:03

味スタ

AWAY

横浜FM

2

試合終了
0 - 2
2 - 0

2

HOME

F東京

試合レポート試合トップ

前半戦レポート

 Aグループ首位のF・マリノスが、アウェイでFC東京と対戦する。F・マリノスの先発は、前節の新潟戦から2名代わり、MF大津とFW仲川が入った。また控えには生駒、堀、町野とルーキーが名を連ねる。
 FC東京のキックオフで始まった試合は、スタート直後に、F・マリノスが失点してしまった。入って来たボールの処理を誤り、ゴール前に流れたところを、相手FWに流し込まれたものだった。
 追いかけるF・マリノスは、ビルドアップからスイッチを入れてアタッキングサードに入ろうとするが、FC東京の出足に阻まれて好機につながらない。
 25分を回り、ようやくボールポゼッションからパスのリズムが出始める。27分・西山から仲川へのタテパス、34分・仲川のドリブルから最後はバブンスキ―が右足シュートを放つ。35分、36分には連続してCKをゲット。流れをつかんだかに見えたF・マリノスだったが、38分にカウンターから追加点を奪われてしまう。
 2点のビハインドとなったF・マリノスは、42分・43分に中町、44分・伊藤、45分・大津と鋭いシュートを連発したもののネットを揺らすことはできず、前半は0-2で折り返す。

後半戦レポート

 F・マリノスは吉尾、遠藤と選手を2人代えてスタート。遠藤は左サイドバックに入り、CBは金井と下平。そして吉尾は中盤に入る。序盤から、動きの良くなったF・マリノスが攻勢に立つ。2分・仲川のクロス、5分・吉尾のFK。そして14分には仲川のドリブルから大津のミドル、続いて伊藤がマーカーを身体でブロックしながら持ち込み右足シュート、さらに15分には遠藤のクロスから大津がダイレクトとチャンスを広げていく。
 そして22分、パスをつないで最後は伊藤が豪快な右足シュート。豪快に左スミに沈めた。伊藤の2試合連続弾で1点差としたF・マリノスは、26分にも遠藤のクロスのリバウンドを山田が狙う。そして、この1分後に3人目の選手交代で和田がピッチに送られた。
 この後も動きに優るF・マリノスのリズムが続く。そしてポステコグルー監督の指示で右にポジションチェンジした仲川が、好機を演出した。中町のパスを受けてから果敢に仕掛けて、右からグラウンダーのクロス。これをファーポスト付近で伊藤が鮮やかにダイレクトシュート。左足でミートしたボールがネットに飛び込んだ。
 伊藤の2試合連続となる2ゴールで2-2に追いついたF・マリノスは、終盤のFC東京の反撃も抑えて、逆転を狙い積極的に攻める。しかしFC東京も譲らず、3分のアディショナルタイムもスコアは動かないまま、タイムアップ。2点差を追いついたF・マリノスは、勝点1を加えてAグループ首位をキープした。
この試合のコンテンツ一覧

関連情報

NEXT MATCH
明治安田生命J1リーグ 第9節

HOME

横浜F・マリノス

AWAY

湘南ベルマーレ

2018/04/21(土) 16:00

年間チケット先行入場 13:30 一般開門 14:00
日産スタジアム

TV放送予定:DAZN