試合速報

2017年4月30日 (日) 17:03

日産ス アクセス

HOME

横浜FM

0

試合終了
0 - 0
0 - 1

1

AWAY

G大阪

試合レポート試合トップ

前半戦レポート

 GW期間の初戦、ホームで2位・ガンバ大阪との対戦。このカード、日産スタジアムでのJ公式戦でF・マリノスは2009年以来負けていないものの、直近の3試合は引き分けが続いている。
 F・マリノスのスタメンは、前節の柏レイソル戦から少し変更。右サイドバックに松原が戻り、二列目の右にはマルティノス、同センターがバブンスキ―。そしてワントップは伊藤が務める。
 試合は、F・マリノスのキックオフで始まった。開始早々、F・マリノスは縦のボールからチャンスをつくる。天野のパスを裏に抜けた齋藤が受けてドリブルしたが、シュートは相手DFに当たり、この試合最初のCKをゲット。続いて4分・松原のクロス、11分・裏を狙った伊藤への松原のロングボール、14分・齋藤へのバブンスキ―からのパスなど、F・マリノスがアグレッシブに攻める。
 20分を過ぎると、G大阪も速いパスワークなどで反撃し、互角の様相に。27分には昨シーズンのホームゲームで2ゴールを挙げた井手口にミドルシュートを打たれたが、飯倉ががっちりキャッチした。飯倉は35分には鋭い動きから、相手のラストパスを抑えた。
 やや守勢に立たされたF・マリノスだが、38分・喜田の鋭い反応からのクリア、40分・中澤のスライディングしてのシュートブロックなど、好守備で失点を許さない。前半は、0-0のまま終了。

後半戦レポート

 スタートから、両者ともアグレッシブに仕掛ける。3分、G大阪のサイドアタックを金井が身体を張ったチャージでクロスをブロック。7分はF・マリノス、左CKを中澤がヘッドで合わせたが、シュートはGK正面に。
 10分を回ると、中盤でのボールの奪い合いが激しくなる。そして14分、G大阪が動いて2枚代えで、アタッカーを投入。するとゲームはヒートアップする。15分・F・マリノスが齋藤のショートパスから天野のクロス。この直後には反撃されて至近距離からのシュートを許したが、ここは飯倉がビッグセーブ、ピンチを逃れた。そしてF・マリノスベンチも動き、17分・ヴィエイラ、18分・扇原と続けて2人がイン。扇原がボランチに入り、二列目のセンターには天野。
 この後、G大阪が攻勢を強め、19分・まずアデミウソンがアクロバティックなシュート。この一撃は飯倉がキャッチしたものの、その直後にもスピードに乗ったサイドアタックを受けると、崩されてゴール前に詰めていた堂安にフィニッシュを許した。
 0-0の均衡が破れ、追いかける流れとなったF・マリノスは29分、天野が直接FK、しかし壁に当たる。39分にはマルティノスのロングクロスを齋藤が走ってファーで受けたが、シュートに持ち込むことはできない。このプレーの後、F・マリノスは3人目の交代選手として遠藤が右サイドバックに入った。
 懸命に攻めるF・マリノスは、42分・FKの二次攻撃からヴィエイラがボレーを打ったが相手選手に当たって跳ね返る。さらに44分、45分とセットプレーからG大阪ゴールに迫ったが、決定的なシーンは訪れない。
 アディショナルタイムは3分。CKからの猛攻も及ばず、ついにタイムアップのホイッスル。F・マリノスは、ゴールが生まれずに惜敗。順位を上げることはできなかった。
この試合のコンテンツ一覧

関連情報

NEXT MATCH
JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ 第4節

AWAY

横浜F・マリノス

HOME

ヴァンフォーレ甲府

2017/05/03(水) 14:00

TV放送予定:スカパー!

NEXT MATCH
明治安田生命J1リーグ 第11節

HOME

横浜F・マリノス

AWAY

ヴァンフォーレ甲府

2017/05/14(日) 14:00

年間チケット先行入場 11:30 一般開門 12:00
ニッパツ三ツ沢球技場

TV放送予定:DAZN