マリノスサッカースクールとは

指導内容

指導方針

学年別にコースを設け、一人ひとりの個性に応じた基礎からの指導により、サッカー技術の向上、体力づくりはもちろんのこと、団体生活を通して規律・協調性・礼儀・集中力、また、子どもたち一人ひとりの持つ自主性をサッカーを通して養います。

特に、幼児・小学生の場合にはボールに親しみサッカーを好きになり、楽しみながら上達していくよう指導いたします。

入会後の指導方法については、一切当スクールにおまかせ願います。

指導内容

スクールでは、サッカーの3要素である

「蹴る」、「止める」、「運ぶ」

この3要素を基本にテーマを変えながら、個人技術・個人戦術を子どもの発育・発達に応じて指導を致します。
各クラス毎の指導内容は以下のとおりです。

幼児

3~6才のお子さまを対象としたコースで、サッカーボールを使った体操や遊びでボールに慣れることから始めます。

小学生一般

サッカーの個人技術・個人戦術を身につけ、規律を守り、自主性を持った社会性を身につけ、心身ともに健全で豊かな人格を形成します。

GK

(ゴールキーパー)

GKコーチによる専門的な指導を行います。

女子

楽しく身体を動かしながら運動をする喜びを伝え、サッカーの基礎技術を指導します。

中学生一般

中学年代で必要とされる個人技術・個人戦術・グループ戦術を指導します。

サッカー以外の指導内容

またサッカー以外でも、サッカーを通して以下のことを指導し、養っていきます。
ルールを守れない選手は、厳しく注意して、直らなければ保護者の方と相談して今後の対応を考えてまいります。

オン・ザ・ピッチ

  • F・マリノスの一員であることに誇りを持とう。
    (トップチームもスクールも皆マリノスファミリーです)
  • フェアプレーを心掛けよう。
    (サッカーのルールを守ろう)
  • 施設・用具を大切に使おう。
    (用具がなくてはサッカーはできません)
  • ウェアをしっかり着こなそう。
  • 挨拶もしっかりしよう。
  • 練習中は、一生懸命ボールを奪い合います。友だちの足を蹴ったり、身体がぶつかったりします。その時は“ごめん”の一言が言える選手になろう。

オフ・ザ・ピッチ

  • 社会のルールを守ろう。
    (サッカー以外にもルールはあります)
  • 電車・バス・路上でのマナーを守ろう。
    (騒いだり、信号無視をしない)
  • サッカー以外でも、自分が悪い事をしてしまったら”ごめんなさい”、何か良い事をしてもらったら”ありがとう”が言える人になろう。
  • 食べ歩きをしないようにしよう、等。

年間行事

スクールでは通常の講習に加え、学校が長期休業のタイミングでの合宿の実施や、交流試合、ゲーム大会などを開催し、環境を変える事によってまた新たなサッカーの楽しみ、技術の習得を促します。

  • 夏期・冬期合宿(3~6年生対象、レクリエーション、試合、強化など目的別に実施を予定)
  • 夏休み特別スクール(全校)
  • キッズ大会(年中、年長)

マリノスサッカースクール お申込・お問い合わせはこちら